日本人のヘルスリテラシーは低い」のコンテンツに「さらにアジアとの比較」という内容を追加しました。 以下の内容です。

  ヘルスリテラシーの測定尺度HLS-EU-Q47は、日本だけでなく他のアジアの国でも翻訳されて、同様な調査が実施されています[2]。結果をみると、平均点では台湾が34.4と最も高く、次いでマレーシア32.9、カザフスタン31.6、インドネシア31.4、ミャンマー31.3、ベトナム29.6となっていて、どの国も日本の25.3より高くなっていました。EUの8か国も含めて国別に平均点を比較したものが、次のグラフです。日本の値が低いことがよくわかります。 

国別のヘルスリテラシーの平均点


さらに、比較における注意点も追加しました。日本の調査方法が異なるからです。以下の文章を追加しました。

 「なお、この比較で注意しなければならない点があります。日本の調査では、他の国の調査と異なる点があります。対象者については、EUと台湾では、全国(台湾以外のアジアの国では主要な都市や地域が選ばれています)でサンプリングが行われていますが、日本ではウェブの調査のモニター登録者に限定されています。そのため、対象者の特徴について、国勢調査の結果(性、年齢、収入、職業、学歴、暮らし向き)と比較して大きな偏りがないことは確認しましたが、インターネットをあまり利用していない人は含まれていません。このことは全体としてヘルスリテラシーを高めている可能性がある反面、インターネットの健康情報を使いこなすことの難しさを実感している人が含まれている可能性もあります。それでも、日本の調査では同時に「伝達的・批判的ヘルスリテラシー尺度 (CCHL、5項目)」を測定しているので、同じ尺度を測定した他の2000人規模の全国サンプリングの調査での値と比較したところ大きな差は見られませんでした(いずれも未公開)。
 また、日本だけがウェブ上の自記式の質問紙を用いています。他の国は、質問紙を用いた面接(Face-to-face)による調査です。面接調査では、対象者が社会的に望ましい回答をしやすくなることが知られていますので、他の国との差はもう少し小さい可能性があります。しかし、「入手」や「理解」に関する項目では、ほとんど差がない項目がありますし、それだけですべての差を説明できることはないと考えられます。」

最後に、2番の文献も追加しました。

新しいコンテンツ「健康を決める社会を知り行動するヘルスリテラシー」を公開しました。

これは、聖路加国際大学看護情報学研究室の院生だった松本真欣さんの修士論文の成果です。
論文は、こちらです。英語なので、日本語で紹介しています。
信頼できる情報とは」のコンテンツで、「エビデンス」「価値」「資源とニーズ」の3つとしていたところで、「価値」を「価値観」に変えました。図も変えてあります。元々、英語では、「Values」だったので、それに忠実にしました。書いてある内容は同じなのですが、価値観としたほうが、意思決定における価値観の明確化が必要だということがより明らかになるからです。そして、それに伴い、内容も少し修正して、以下のような文章に変更しました。 「価値観」とは、人々が健康や病気に関する問題を解決するための治療方法やケアなどの選択肢の持つ特徴のどれに価値を置くかです。例えば、家族、仕事や職場、長生き、自分の外観、副作用の有無、お金などのいくつもの価値の中で、どれに重きを置くのかです。「価値観」の元の英語は「Values」で、Value(価値)の複数形です。それは1つの価値だけではなくて、いくつもの価値があるときにどれに優先順位をつけるかという意味です。ここでは、自分の価値観を確認して治療を選ぶが参考になるでしょう。  では、人々の持つ価値観はどうしたらわかるでしょうか。自分の持つ価値観について、それまでの人生や経験をもとに語ること、すなわちナラティブによって表現することです。価値観を確認するには、自分が大切にしたいと思っていること、なかでも何が最も大切なのかを語ることが必要だということです。
インターネットを使って健康になれる?のところで、Web2.0という言葉が使われていたのですが、ソーシャルメディアに置き換えました。
総務省の調査も「平成27年通信利用動向調査」と最新の調査に変更し、数字も最新のものに更新しました。
「乳がん手術方法の意思決定ガイド」のコンテンツで、以下の文章を追加しました。

「乳がん手術方法の意思決定ガイド」を利用した患者の方へ

 「乳がん手術方法の意思決定ガイド」を利用してのご感想、ご意見を募集しております。メールアドレスdecisionaid.nyugan@gmail.com(意思決定ガイド事務局 大坂和可子)までお願いします。また、直接お話をうかがってもよい場合は、合わせて連絡先をご記入ください。こちらからご連絡をさせていただきます。

病院での導入を検討している医療者の方へ

「乳がん手術方法の意思決定ガイド」をご自身の所属する病院で導入したいとお考えの医療者の方は、使用にあたり、decisionaid.nyugan@gmail.com(意思決定ガイド事務局 大坂和可子)までご連絡ください。必要に応じて導入の説明や利用状況をおうかがいさせていただきます。 
聖路加国際大学が作成したヘルスリテラシー学習用eラーニング教材とそこで紹介されている『いなかもち』を追加しました。

い:いつの情報か?
な:何のために書かれたか?
か:書いた人はだれか?
も:元ネタ(根拠)は何か?
ち:違う情報と比べたか?

(中山和弘)


新しいカテゴリとして「患者中心の意思決定支援」を公開しました。
新しいコンテンツは次の4つです。

患者中心の意思決定ガイドとは?
質の高い意思決定ガイドとは?
意思決定ガイドを開発する
乳がん手術方法の意思決定ガイド

意思決定ガイド(国際的にはディシジョンエイドdecision aidと呼ばれます)とは何か、その質を保証するための国際基準IPDASの紹介、意思決定ガイドの開発方法、実例としての乳がん手術方法の意思決定ガイドがダウンロードできます。

乳がんの手術方法の意思決定ガイドは、国際基準に従って作られ、それが納得できる意思決定の支援になっているという効果が検証された日本では最初の意思決定ガイドになります。聖路加国際大学看護情報学研究室の博士の院生だった大坂和可子さんの博士論文の成果です(公開された論文はこちらです)。ぜひご覧ください。

(中山和弘)
新しいコンテンツ「日本人のヘルスリテラシーは低い」を公開しました。

これは、中山の調査結果をもとに書いたものです。
論文は、こちらです。英文なので、早くから日本語で紹介した
かったのですが、ようやくかないました。

ヘルスリテラシーを測る方法」にNVS-Jを追加しました。
なぜか抜けていました。NVS(New Vital Sign)というアイスクリームの栄養表示ラベルを
見てヘルスリテラシー、とくにニュメラシーを測定できるものです。

ヘルスリテラシーとは」についても内容を整理して、フレイレのエンパワメントのことを追加するなどして、よりわかりやすく更新しました。


(中山和弘)


新しく次の7つのコンテンツを追加しました。

「意思決定での勘や経験の落とし穴」
「ヘルスリテラシーのある組織と地域」
「ヘルスリテラシーを測る方法」
「米国のヘルスリテラシーのeラーニング」
「Webコミュニティでサポートしあう」
自分の価値観を確認して治療を選ぶ」
「子どものころからからだと健康を学ぼう」

力作ぞろいです。是非ご覧ください。
サイトの改善に生かすための調査(アンケート)を開始しました。

トップページに「アンケート募集」のバナーをつけました。

調査のリンク先はこちら svy.mk/1zXeikt です。

多くの方の回答をお待ちしています。